株式会社ケインズアイロゴ

NEWS

投稿日 | 2022 年 08 月 01日

【2022/9/6開催済】営業や制作部門でも必要な電子帳簿保存法対応とは?見積書や注文書をExcelで作成し、社内フォルダに保存しているなら必見!


2022年11月25日(金)
\電帳法対策セミナー開催/

セミナー詳細・お申込みページはこちら

 


受付は終了しました。

営業や制作部門でも必要な電子帳簿保存法対応とは?

見積書や注文書をExcelで作成し、社内フォルダに保存しているなら必見!

現在、見積書や注文書をExcelなどで作成し、社内フォルダに保存、クライアントへはメール等で電子的に送付している方も多いのではないでしょうか。実は見積書や注文書も「電子帳簿保存法」への対応が必要な書類です。

改正電子帳簿保存法は令和4年1月1日に施行され、電子取引に関しては電子保存が義務化となりました。やむを得ない事情がある場合、令和5年12月31日までは宥恕期間となっています。
しかし対応しない場合、重加算税が課されたり、青色申告の承認が取り消されたりする可能性もありますから、なるべくなら早めに対応したいものです。

そこで今回は、営業部門や制作部門での電子帳簿保存法対応を想定し、電子帳簿保存法の要件から対応方法、オススメのシステムをわかりやすくお伝えします。またシステムを導入することで得られる業務改善メリットや拡張性についてもお話します。

 

【例えばこのような方におすすめ】
・電子帳簿保存法の対策をまだとっていない方
・営業部や制作部の責任者の方
・見積書や注文書を頻繁に発行する方

 

【注意事項】
1.お申込みは事前申込制とさせて頂きます。なお定員になり次第お申込み締切となります。
2.お申込みいただいた方には当日のログインメールをお送りしております。
3.メールが届かない場合、お手数ですがお申込み用窓口までご連絡いただけますと幸いです。
窓口メールアドレス:support@keinz-i.co.jp
4.同業他社様にはご参加をご遠慮頂いております。ご理解のほど宜しくお願い致します。

※インターネット回線を利用したオンラインセミナーとなります。予めご了承ください

■日時

2022年9月6日(火) 14:00~14:40

■定員
 500名
■参加費
 無料
■主催
 ケインズアイコンサルティンググループ
■内容
 文書の電子化ノウハウに関して解説します!
■実施方法
本セミナーは、Web会議室ツール「Zoom」のウェビナー機能を用いて実施します。
サポートされているブラウザは以下でご確認ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023
(Internet Explorerの場合ウェビナーの視聴に問題が発生するケースがございます。)

アカウントの取得は必須ではありません。
参加予約後に送られてくるリンクをクリックすることで参加が可能です。
当日リンクをクリックすると、アカウントをお持ちでない場合はセミナー参加時の表示名とメールアドレスの入力が必要になりますので、ご了承ください。


参考になるお役立ち情報

電子契約導入に必要な電子帳簿保存法への対応

電子保存義務化の2年間猶予措置に関して

NEWS一覧へ
ホーム お知らせ・ニュース 【2022/9/6開催済】営業や制作部門でも必要な電子帳簿保存法対応とは?見積書や注文書をExcelで作成し、社内フォルダに保存しているなら必見!
TOP